その情報に価値はある?

どうも、nacaです!

 

ブログやメルマガで、情報発信をするときや、サイトを作ってインターネット上に情報を公開する時、

常に考える事があります。

それは、その情報に価値を感じる人がいるのか?、です。

 

 

その情報に価値があれば収益につながる

 

ブロやメルマガで情報発信を行い情報教材などを紹介する、アフィリエイトを実践する際、

”私には実績がないので売れない”

と悩む人が大勢いると思います。

たしかに、“稼ぐ系”の情報教材の場合、紹介される側から言えば、

売っているお前が稼げているのか?

と考えると思います。

 

なので、短絡的に考えてしまうと、

“稼ぐ系の教材を販売する場合、自分が稼ぐ必要がある。”

と思い込むわけです。

 

ですが、稼ぐ系の情報教材を紹介する時に、
紹介する側は、必ずしも稼いでいる必要は無いんです。

“稼いでいる”という実績は、売れる要因の一つではあるが、絶対的な要因ではないという事です。

では、絶対的な要因は何でしょうか?

 

それは、その情報教材を紹介するにあたり、

“あなたの紹介で価値を感じる事ができる人がどれだけいるか”という事です。

 

もし、あなたが、紹介する情報教材が“稼ぐ系”の教材で、あなたがまだその教材を使って稼いでいない場合、

この教材は、“無料ブログ”使って量産して、収益を上げる方法で稼ぐ教材です。

既に1ヶ月ほど実践してきました。あなたも僕と一緒に実践しませんか?

 

と紹介した場合、“気になっていた教材の中身が少しわかった”という点でその情報に価値を感じる人がいます。

 

教材の内容を発信することで、“買わない”と選択した人も、“買う”と選択した人も、

その情報に価値を感じて、選択した行動なんですよね。

 

“買おう”と選択した人は、あなたの発信した情報に自分なりの価値を感じて、購入を決意したわけです。

でも、“買わない”と選択した人は、結局買いませんので、あなたは報酬は得られませんよね。

 

それじゃ、“買わない”と選択した人は、あなたの情報に価値を感じる事が無かったのか?
というとそうでは無くて、

 

“買わない”という選択肢を得られたとという“価値”を感じているんです。

 

“買わない”という選択した人も、あなたからの情報を信頼しているので、

この教材は購入はしませんでしたが、あなたが紹介する別の何かを購入してくれる可能性が高いんです。

 

ここで、買わない人が多いからと言って、猛烈にプッシュしすぎると信頼を無くす結果となってしまいます。

 

実際にその教材を実践した後に3ヵ月実践して、
無料ブログの量産に慣れてきて、今まで100個のブログを作りました。

ポツポツと報酬も発生してきているし、僕から購入してくれた人からも報酬が発生しました、
といううれしい報告がありました。

まだ使っていない方、この教材を実践してみませんか?

 

こんな情報を受け取ると、教材を購入しないと選択した人でも、

実際に報酬が発生するんだなぁ~、私もやってみようかな…
と、“購入”してくれるかもしれません。

 

それも、やはりこの発信した情報に価値を感じたことで選択した結果なんですよね。

ある商品を紹介するアフィリエイトの記事でも、意識高い系のブロガーの記事でも、
マインドセットの必要性を訴える記事でも、読んだ人がその記事に“価値”を感じればその後の行動に影響を及ぼしますし、

“その情報に価値”を感じれば、
読んだ人は記事を書いた人を信頼します。

 

ブログやメルマガの記事など、あなたが情報発信するときは、

その情報に価値はあるのか? 価値があると感じる人がいるのか?

意識してみて下さいね!